人生について 天才になるための話

天才になりたかった話、目的はない方がいい?

昔から天才にずっと憧れを持っていた僕。

 

理由は簡単で特に人に誇れるようなものがなかったからだ。

 

正確にいえば本当にそれがなかったわけでもないのだが、

 

僕はできないことができるようになる方がワクワクする性格だった。

 

天才の定義は努力でたどり着けない才能なので...

 

ここでは一般人の集団に紛れると天才に見える!レベルの優秀な人の話をしていきます!

 

そもそも天賦の才が備わってる奴は天才になりたいって思わないからね!

 

ようは完璧って欠点がないことなんじゃね?って思ってた話

 

欠点を補えばなんでもできる天才になれると思った。

 

天才って別に完璧じゃないけどそのときの僕はそんなこと気づきもしない。

 

天才になりたかったら弱点補うよりも、長所伸ばさないといけないよね?

 

でも僕の長所になるものってもうだいたいできると思って飽きてるからやらないんだ。

 

まあ小学生の僕なんて所詮その程度。

 

しかも、完璧な人間になったら天才になれるかって考えたらべつにそんなことないよね?

 

って思うわけだが、そもそも僕は完璧とはほど遠い人間だったので、

 

なんとなく完璧になりたかった。ようは完璧主義者だった。

 

仮に完璧になったとしたらもうやることないよね?

 

勘のいい人ならもう気付いているかもしれないが、前述した通り

 

できることには興味を全く持たない僕は

 

仮に完璧な人間になった場合おそらくとんでもない暇人になってしまうだろう!

 

まあ仮にも何も完璧な人間なんてぶっちゃけいないだろうから考えるだけ無駄なのだが...

 

考え方はプロのそれに近い僕の考え方

 

プロのアスリートなんかに共通することがある。

 

それはプロはアマチュアと比べて自分のできることより

 

できないことに費やす時間が圧倒的に多いということだ!

 

考え方は間違っていないが残念なことに

 

そもそも僕はできるようになるまで頑張って練習しようと思っても

 

できるようにならなかったりする!才能ゼロか!

 

まあ弱点を克服するのって大変だよね。

 

天才は飽きない!脳のリミッターがぶっ壊れてる!

 

人間のスペック的にぶっ飛んでるのが天才って話ならそもそも何もしなくても

 

できるのかもしれないが。

 

あくまで吸収力が人並みな人が天才クラスの能力を得るならって前提で話すと

 

それは圧倒的な没頭力、集中力、継続力。

 

へんな話天才っていい意味で病気なんですよ。

 

普通の人ならとっくに飽きてやらなくなることをずっとやってる。

 

おもしれえ!こうしたらもっとよくなる!ってずっと没頭して作業できる。

 

秀才が自分の人生を捧げて有能になるタイプなら。天才は呼吸してたら勝手に有能になってるタイプ。

 

たぶん天才は努力をするっていう感覚ないんじゃないかな?

 

とりあえず主題に戻して目的をもたない方がいいかも?って話

目的を持つから挫折する。辞める。なら目的の持ち方を変えればいいよ。

 

僕たちが挫折する理由って結構明確だったりする。

 

たぶんたいていの人は、面倒だから、やってもできなかったから、つまらないから。

 

こんな感じじゃないですか?僕はそうでした!

 

感情に左右されすぎなんだ!結果に一喜一憂してるんだ!人生って楽しいことばかりじゃないよ!

 

多分目的が高すぎた!せつこ!それハードルやない!走り高跳びや!

 

ハードルは高くすると飛ぶよりくぐる方が楽になるって言葉ありますよね?

 

僕なんて理想だけ高い勘違い野郎だったので(今もそうとはいえない...それはもう国家機密)

 

ただ歩いてるだけで通れるよ!もはやゲートだよってなってました!

 

くぐるのが無理なくらい低くしよう!oh!リンボー!

出典:ランボー

 

体硬いからリンボーなんてランボーしてやる!みたいになる僕。

 

くぐるのが無理なくらい低いハードルまたいで徐々に高くしていけばいいとおもうよ。

 

そもそも目標なんてなくてもいいんじゃない?

 

目標あったらよっしゃやるぞ!ってなるかもしれないけど

 

達成できなかったら、くそがああああああ!ってなるやん?

 

よーわからんけどやるか。みたいな脱力があればいいんじゃない?

 

みんなちょっと真面目すぎだよ。

 

失敗したって思うから挫折するんだ!じゃあ失敗しないようにすればいい!具体的にどうする?

俺が負けを認めるまでは負けじゃねえ!

 

今やってることが今すぐできるようになるほど人生って楽じゃない!

 

そんなに楽ならこんな記事かかないし、あなたもこんな記事読まない!

 

どうやったら鼻風船を膨らませられるかについて書いた方が面白い!...面白い?ホワイトテイルってか...

 

つまりは俺たちが勝負に勝つ瞬間までは勝負は終わらないってことなんだ!

 

てことは俺たちが負ける確率0パーセント。

 

今回の依頼イージーモード。

 

持つべきものは頭脳、人脈、行動力。

 

そして、すぐに使えるサランラップ。

 

簡単だろ!maybe!

持つべき目標は続けること!ってもう目標が高い!

 

継続は力なりを最近ひしひし感じる僕ですが、継続ってめっちゃ大変。

 

でも俺たちが唯一頑張れることってこれくらいかもしれないな。

 

続けることすらできないからまた失敗したって思うんだけど、

 

続けることすらできないのに天才になんてなれないよなって思う。

続けようって思うから続かない。今日だけやろう明日はしらん。

 

今日だけやろう今だけやろうって思うと頑張れる気がする。

 

明日はやらない、もうやらないって思って今だけ頑張る。結構普通のこと書いてる気がするけど。

 

明日が今日になって、また今になるからまた今だけ頑張る。

 

足下だけみて前にすすむ。これでもまだハードル高いかな?

 

続かない理由は遠くを見てるから

 

僕はこれを痛感するんですけど、今の現在地から遠くにある目的地を眺めて

 

道は荒れてるし、途中に川もあるし、いろんなトラップあって無理ゲーじゃね?

 

って思うんですよ。

 

これって一回に全部頭の中で片付けようとするから心が折れるんだと思う。

 

実際は全部少しずつやっていくだけなんだけどね。

 

行動したら報酬があるって思い込みだよね

 

プロ目指して音楽やった僕は思うんですけど、別に時間かけたからいい曲になるわけでもないし

 

頑張ったから売れるわけでもない。

 

行動してそれが結果に結びつくのって才能あるプロでもめちゃくちゃ時間かかってる!

 

じゃあプロよりも頑張って長い時間かけて音楽やったかって聞かれると

 

環境も自分の限界もあったけど全然足りてないなって思う!

 

シンプルに才能どうのこうのっていうか全然努力の量が足りない!

 

まあ飽きっぽい性格の人はそもそもそういうスペシャリストとか向かないのかも。

 

まとめ

 

長い文章を書くとだいぶ支離滅裂な文章になる文章力に乏しい僕ですが、まとめると

 

理想が高いと挫折するよ!挫折しなければ技術なんて勝手についてくるよ!

 

挫折しなければ続けられるから技術はいつの間にかついてるものだよ!

 

気付いたらすごい人になってるんじゃない?って勝手な推測を書きました!

 

人生ってうまくいかないなって思うのが、自分が本当に欲しいものって

 

まじで手に入らない!そんな気がするだけかもしれないけど、

 

別にそんなもんいらねーよって人が持ってるように見える。

 

だけどいらないもの持ってても嬉しくもなんともないから、

 

死に物狂いで自分が本当に欲しいもの手に入れるために頑張るしかないのかな?

 

最後に一言!継続は力なり!

 

 

 

 

 

RSS かみちゃんねる!

-人生について, 天才になるための話

© 2020 ネタでしかないブログ[滅びゆく世界] Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。